ロボカップジャパンオープン2018、大垣市で開催

ロボットもゲームが大好き

ロボカップジャパンオープン2018 

5月に岐阜県大垣市で開催します。

日程

チームセットアップ:5月2日(水)
競技:2018年5月3日(木)~5日(土)

会場・開催地

ソフトピアジャパンセンター
総合体育館

開催リーグ

  • サッカー(中型、小型車輪型、小型人型、スタンダードプラットホーム、ヒューマノイド、シミュレーション(2D、3D))
  • @ホーム(オープンプラットホーム、ドメスティックスタンダードプラットホーム、エデュケーション、シミュレーション)
  • レスキュー(実機、シミュレーション)

参加費

  • 一般非会員 28,000円/人
  • 一般会員 18,000円/人
  • 学生 13,000円/人

ロボカップとは?

ロボカップ(RoboCup)は、ロボット工学と人工知能の融合、発展のために自律移動ロボットによるサッカーを題材として日本の研究者らによって提唱されました。

西暦2050年「サッカーの世界チャンピオンチームに勝てる、自律型ロボットのチームを作る」という夢に向かって人工知能やロボット工学などの研究を推進し、様々な分野の基礎技術として波及させることを目的としたランドマーク・プロジェクトです。

現在では、サッカーだけでなく、大規模災害へのロボットの応用としてレスキュー、次世代の技術の担い手を育てるジュニアなどが組織されています。

公式サイト

http://www.robocup.or.jp/original/

ロボカップジュニア

19歳以下が参加できるロボカップジュニアもあります。

小学生も参加可能。

2018年は3月31日~4月1日に和歌山県で開催されました。

参考

pe-zitaitoru2018年開催のロボコン一覧ロボットコンテストの楽しみ方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です